Japan. Endless Discovery.尽きることのない感動に出会える国、日本

上図は日本国観光庁キャッチフレーズ"Japan. Endless Discovery."を表すロゴ。クリックすると、観光庁英語サイトへ移動します。

 

こたつを世界海外へ

 
座卓屋本家「敷島」PT.DAIKEN INDONESIA製造座卓屋本家「敷島」PT.DAIKEN INDONESIA製造
座卓屋本家「敷島」PT.DAIKEN INDONESIA製造座卓屋本家「敷島」PT.DAIKEN INDONESIA製造

「SHIKISHIMA」旧「座卓屋本家」手彫りこたつテーブル

こたつ世界海外へ訴求の一例

こたつに関する世界海外からのアクセス

K2インターナショナルは、ひとつの試みとして、2009年~2010年の2年間、世にも希なこたつオーダーのECサイト、「座卓屋本家」を運営しました。「オーダーこたつの店?ありますよ!座卓屋本家!」などとして、木製の中高級機種に特化したこたつ、炬燵、暖卓のカスタムオーダーEC店を公開しておりました。必ずしも予期されてはいませんでしたが、その間、世界海外からのアクセスと問い合せが50カ国に達しました。

上の図は、Google Analytics で認識されたアクセス実績のある諸国を示しています。一番多いのは当然日本なので、一番濃い緑色で記されており、他の緑色で描かれた諸国がアクセス、問い合わせを頂いた世界海外の国々です。

Japan, United States, China, Australia, Canada, United Kingdom, Germany, France, Taiwan, Hong Kong, Italy, Spain, South Korea, Mexico, Brazil, Singapore, New Zealand, Thailand, Switzerland, Netherlands, Vietnam, India, Malaysia, Finland, Sweden, Ireland, Norway, Russia, Turkey, Hungary, Philippines, Argentina, Denmark, Indonesia, Ukraine, Poland, Austria, Colombia, Jordan, Romania, Portugal, Morocco, Czech Republic, Nicaragua, United Arab Emirates, Sri Lanka, Belgium, Senegal, Bolivia, Bulgaria

 

問い合わせのほとんどは、こたつを海外へ発送してほしいという日本人個人の方々が大半ですが、非常に関心をそそられることに、日本の在住経験を持つ海外の人々も含まれていました。

 
 
 
 
 
 

ユニークな日本の生活様式

「空洞化」
言われるようになって既に久しい言葉でありますが、2012年でも、TPPの日本参加について議論される時などにしばしば引用される言葉です。しかし、日本の家具業界の一端に長らく所属したものにとって、家具業界が「空洞化」状態になったのは、既に20年以上前のことであり、今更「空洞化」という言葉には特に目新しさも、感動も持てなくなりました。

家具に必要とされる木材という原料が日本において枯渇した、ということでなく、何千キロのかなたから輸入した木材の方が安いという理由、そして、木材を加工するのに必要な従業員給料がより安いという理由のために、かつては多く存在した国内の家具工場が閉鎖、若しくは海外移転を余技なくされたのは、1980年代に既に明らかになっていたことです。

そういう家具業界の「空洞化」の流れの中にいたものとして、かつてより非常に不思議に感じられていたことのひとつは、日本の生活様式そのものであります。

日本は歴史的に中国の影響を強く受けている訳ですが、現在、中国、韓国などは椅子座文化圏と見られますが、床座生活様式を頑なに維持しているのは日本くらいなものであるように見受けられます。「フローリングライフ」などというカタカナ英語がありますが、まさに床座生活様式をそのまま英語に直訳した、見事に日本の代表的生活様式を表現する言葉となっています。

2012年現在、賃貸物件、建売マンション・一戸建ての間取りを、ちらしや関連業者のウェッブサイトなどから参照してみると、「畳間」というものがなくなったか、あるいは、あっても小さな空間として一間だけ備えた住宅がほとんどであることが判ります。

特にこの10年から20年の間で、和室に関連する業者の活動が縮小を余技なくされた所以でありますが、「和室」「畳間」というものが一般の住宅から姿を消そうとしています。しかし、それは、日本の生活様式が、床座様式から椅子座様式に転換することを意味しているのではなく、畳間床座様式が、フローリングライフスタイルにシフトしているということであり、床座様式であることに変わりはない訳です。

仕事場である事務所、公共施設、レストラン、ホテルなど、椅子座様式であるところは多く存在していますが、誰に言われるともなく、公的社会から私生活に戻る時には、玄関で靴を脱いで家に「上がり」、床座生活様式を楽しむという日本式が維持され続けています。

床座生活様式について、「日本の生活様式」というページを配しております。

ご興味頂ける方はどうかご覧下さい。

 

インドネシアにおけるコタツ本体製造

2000年頃まで、日本のコタツ市場というものは、年間およそ200万台とも、300万台とも言われていました。その大半は、業界で言われる「カジュアルタイプ」となり、樹脂製、MDFにシートを張った機種、つまり、より低価格の製品で構成されているようでありました。

1970年から1980年を通して、とても人口に膾炙した「家具調コタツ」という突板フラッシュ天板の木製品タイプがほとんどであった訳ですが、その名残りは一部「リビングテーブルコタツ」などと称される製品を残すだけでほとんど市場から消えてしまったと見られます。

2000年以降、「高脚コタツ=ダイニングテーブルコタツ」と言われる、椅子座のためのコタツテーブルが注目されています。バリエーションとして、ひとりで使うための「コタツデスク」というものも製造されるようになり、無駄のない暖房、省エネルギーなどのキーワードと共に、コタツ市場内注目製品として広く喧伝されています。

 

1980年代は、「大きいことは良いことだ!」の時代でありましたので、75x105cm よりは、80x120cm、できるなら、90x150cmと、より大きいサイズが求められる傾向がありました。80x120cmサイズが半分、あるいはそれ以上の売れ行きを見せていました。このことは、家族構成人数からみても首肯できることで、団塊の世代を中心として4人以上が一緒に食事を取るにはより大きいテーブルを必要とした時代であったと言えます。

21世紀に入り、坪あたり販売金額が低迷する中、コタツそのものが店頭展示から外されることが多くなり、「秋冬モノ」であれば、量販店、電器店、家具店などでは、コタツがところ狭しと多く陳列された時代は終了したと見られます。

具体的な統計データが入手しにくいため、実際のコタツ市場の規模がどれほどのものかを明確に伝えるものがありません。業界関係者の推測では、「単価そのものが低下しているために市場金額は減少しているが、台数は決して減少している訳ではなく、より小さいサイズ、そして、効率的販売を求める店舗が展示を差し控えるようになった分、通販などの売上はむしろ伸びているように見られる」とお聞きしています。

 

「たかがコタツ、されどコタツ」

K2インターナショナルは1990年代から2010年代にかけて関連した、インドネシアにおける「コタツ」製造の経験をもとに、コタツという日本独特かつ伝統的なテーブルが、日本国内だけでなく、余所の国々の人々にも利便性、価値のある製品として訴求できる機会を模索しています。また、代表は、2000年までのおよそ20年間、日本市場、家電量販店、大型小売店、通販、ホームセンター、家具専門店などへのコタツ販売の経験を持ちます。

「たかがコタツ、されどコタツ」コタツには、家具、つまり、テーブルとしての機能と共に、電気ヒーターによる暖房機としての機能が必要です。そして、コタツ布団というカバーリングが必須となっており、見た目ではコタツ天板と布団の面積が大きいため、天板とコタツ布団の色、デザインが一番の訴求ポイントとなってきます。暖房効果を助けるためには、敷き布団の併用が好ましく、人の座るポジションも覆うことが望ましいことから、コタツ布団はとても大きくものになります。

「たかがコタツ、されどコタツ」意外にも、コタツには種々の原料、部品が必要です。コタツ本体が木製であれば、木工品の知識、樹脂製であれば、樹脂加工の知識、コタツヒーターは電気で動作するため、電気、家電の知識、そして、各国の電気安全法などの知識が必要です。コタツ布団は、人の肌に触れるものなので、上掛けの裏地と、敷き布団の表地は綿100%が望ましいと言われています。このように、どうしても複数の専門的な知識が必要となり、なかなか単一の会社の決心だけで、未知である「こたつを世界海外へ」は計りがたいところであります。